京都のビジネスを加速させる NIC Corporation「消防・貯水設備点検ページ」

075-366-0015 (本社直通ダイヤル)

事業内容Business description

消防・貯水槽設備点検Fire and water storage equipment inspection

マンション・ビルの定期的なメンテナンス
NICでは消防・貯水槽の点検業務を
ご提案します。

貯水槽(受水槽)清掃後の定期水質検査について

建築物衛生法により、受水槽の有効容量が10m³を超えるものについては、貯水槽の清掃を年1回、水質検査を年3回実施することが義務付けられています。また、10m³以下の受水槽についても清掃や水質検査が望ましいとされています。
入居者に提供する飲料水の安全確保のためには定期的な貯水槽清掃とその後の水質検査を行う事必要です。

消防・警報・避難・消防用水など施設の点検

消防法第17条に基づき、消防用設備等を設置することが義務づけられている防火対象物の関係者(所有者・管理者・占有者)は、その設置された消防用設備等を定期的に点検し、その結果を消防長又は消防署長に報告する義務があります。
消防用設備等は、いついかなる場合に火災が発生しても確実に機能を発揮するものでなければならないので、日頃の維持管理が十分に行われることが必要です。

※現地調査⇒見積書提出(提案)⇒ご発注⇒作業開始(依頼から最短1週間で作業に取り掛かります。)

京都・滋賀のビジネスのお困りごとはNIC株式会社にお任せください。

NIC株式会社は、お客様の困りごとやお悩みをヒアリングし問題解決の糸口を一緒に探して参ります。課題や問題を明確にし、弊社の商材を購入・利用いただくことで、お客様の問題解決ができればと願っております。
まずはお悩みをご相談ください。

アクセスOffice location

トップへ